以前、「アパレルショップ販売代行」についてブログ記事にしたのですが、未だに閲覧者が減りません。販売代行に興味を持っている方が多いということなのでしょうね。

hanbaidaikou

アパレル販売代行」って何?

という方は、過去のブログ記事にて・・・コチラです。

私の知人も独立してやっております。

過去にアパレルメーカーで勤務していたり、ショップで働いた経験を活かし、独立・起業した方が大半です。

アパレルの経験者なんですね。

ただ、近年の傾向ですと、人材派遣会社が販売代行をやり始めています。

アウトレットモールの普及が要因でしょう。

アウトレットモールは郊外型が多いため、常に「販売スタッフ欠乏症」になっています。

その人員不足のために、各地のアウトレットモールでは、派遣会社や人材紹介(いわゆるマネキン)会社を利用している状態なのです。

ご存知の方もいると思いますが、「労働者派遣契約」の場合、派遣法により3年で契約終了になります。

ショップによっては、繁忙期のみの派遣スタッフ活用というパターンも多いです。

派遣会社側とすれば、短期的(スポット的)な労働者派遣は、メリットがほとんどありません。

広告費の支出があるので、短期だと利益がない、または赤字だからです。

短期派遣のメリットは、ショップ側と短期希望のスタッフのみです。

しかし、派遣法改正により、学生と60歳以上の方以外の30日以内の短期派遣(日雇派遣)は禁止されましたので、派遣会社側からすれば、負担が減りました。

中期、長期契約となるのですが、先ほどもお伝えした通り、長くても3年です。

(派遣スタッフが3年ではなく、派遣システム活用が3年です)

そのまま契約が終了するより、販売代行(委託契約)に切り替えてメーカーと長期契約の取引ができるようにと考えた方針でしょう。

派遣会社が販売代行する時の課題

そこで課題なのが、アパレル業界の経験も知識もない人材派遣会社が運営することによる接客レベルの低下とショップの売上減です。

プランニングが確実にできている派遣会社は、アパレル業界の経験者を正社員店長あるいはエリアマネージャーとして雇用、任命し、ショップの運営管理をお願いする、という戦術をとっていきます。

これは無難の方法ではあるのですが、そこまでプランニングが出来ないレベルの派遣会社もあるのです。

また、

人材派遣会社が行なう販売代行には、もう一つ弱点が!

その派遣会社がファッションビルやアウトレットモールなどの商業施設などで販売代行を運営している時に、同じ施設内の別のショップで派遣スタッフを働かせているということ・・・。

何が問題なのか・・・

人の心理面ではありますが、事実の話しです。

同じ派遣会社のスタッフなのに、賃金格差が生じるということです。

さらに、派遣スタッフとして派遣登録したのに、賃金(時給)の安い販売代行のショップで勤務させた・・・という問題もあります。

派遣会社の運営する販売代行のショップだから、賃金は派遣スタッフと同等・・・と思わない方がいいですからね。

販売代行ショップの場合、メーカー直営のショップと同じで、郊外や地方のショップなら、アルバイトは時給900円~1,000円前後。正社員だったとしても月給15万〜18万円程度。

派遣スタッフとしてのショップスタッフなら、高い場合は、時給で1200円~1400円前後。

安くても、時給1,000円〜1,200円程度は貰えます。

同じ施設内で、同じような業務で賃金の差が生じます。

雇われている会社が違えば、賃金は違っても諦めがつくのですが、同じ派遣会社のスタッフであるため、スタッフ間での嫉妬等も・・・。

働き始めた当初というのは、希望の働きたいブランドショップであれば、賃金が安くても楽しいでしょうが、月日が経つにつれ、賃金値上げを要求してきます

スタッフ側からすれば、派遣だとか販売代行だとか、そのシステムには興味がなく、(というより、理解していない場合が大半)自分の「賃金」と「職場環境」にフォーカスします。

他人と比較するんですね。

ですから、派遣会社に、あるいはショップに「自分は貢献しているんだ!」と考えていくようになると、自己主張が増幅します。

また

販売代行ショップで勤務する場合は、昇給自体さほどないと思った方がいいです。

昇給は、時給100円上がればイイ方ではないですか。それも5年、10年働いて・・・。

派遣会社で働くメリット

勿論、メリットもあります。

販売代行ショップに飽きたら、派遣会社の担当者にお願いして、派遣スタッフとして他で働けるショップを見つけてもらえることが可能です。

自分で探したり、面接に行ったり、履歴書を書いたりする手間も減るし・・・。

ただ、その場合の注意点として施設内でのその人の評判が落ちる可能性が(一部)あります。

施設内での勤務店舗の移動、ようは頻繁に転職する人がいます。

「またあの子、お店移ったの~」

という口コミは一気に広がります。

ですから、覚悟しておいてください。

販売代行を独立してやろう!と考える方は・・・>>