可能な限りリスクを減らす(リスクマネジメントの)ためにも、ビジネス基本のコアとなる「3W1H」を明確にしていきます。

3W1Hとは

次のイメージ図で説明します。

ビジネス,3W1H,marketing

別ページの「マーケティングを理解する(全体像)」で説明した図解(下図)に類似しており、概念的に関わりがあります。

マーケティングの基礎

3W1H」とは、WhyWhomWhatHowです。

Whyなぜ、それをやるのか?
Whom誰のためにやるのか?
What何をするのか?
Howどのようにやるのか?

Whyが先立つ

通常、Whyの中にWhomが含まれていなければなりません。WhomのないWhyでは、利己主義の概念になります。

さらに、このWhyが善なるものか、悪なるものか‥‥でビジネスの質が変わります。Whyが悪なるものである場合、詐欺化してしまう可能性があるからです。

ビジネスとは何か?を理解する」(別ページ)の中盤でも書いていますが、「稼ぐため」には、2通りの方法があります。

  1. 人を騙して稼ぐ方法
  2. 人の役に立って稼ぐ方法   です。

このことを考えても、「3W1H」の中で先立つのは、「Why」であると言えます。

間違った「3W1H」

多くの方は、「Why」が抽象的だったり、中途半端だったりします。

・自分のやりたいこと

・自分のできること など

What」からスタートしてしまう傾向があります。

多くの起業家・経営者は、 What → How → Whom+Why になります。

※すでに商品・サービスがあるなどの場合です。

マーケティング3W1H,marketing

コンテンツビジネスやアフィリエイトなど、戦術からビジネス参入する方もいます。

How → What+Whom( →Why) になります。

金儲け主義・利己主義の人は、「Why」が金儲けベースになり、

Why → What → How+Whom になります。

「3W1H」のフロー

「3W1H」の流れとしては、

WhyWhom) → How → What になります。

ビジネス,3W1H,marketing

Why」は、会社組織でいうところの「企業理念」や「方針」などに該当します。

次に、「How」については、リソース、技術、知識などをどの程度保有し、実際に何が出来るのかを明確にします。つまり、「I can」(出来ること)をしっかりと理解し、その上で、「What」を考えていくことになります。

重要なことは、Why」「How」「What」が一貫していることです。「Why」「How」がコアとして設定されていれば、「What」は応用できます。

詳細として、これらの基本的な内容を別ページで触れています。

Why」に関しては、さらに「ビジネスメンタルスキル」で説明しています。

さらに、「Whom」に関しては、「マーケティング(3)(4)」で、「How」(I can)については、「マーケティング(1)(2)」を参考にしてください。

また「What」をどのように考えていくかという意味で、マーケットイン」と「プロダクトアウトというプロセスを別ページで解説しています。

マーケットイン,プロダクトアウト,marketing

次に、マーケティングをイメージしやすくするために、「マーケティングとは何か?」を解説していきます。

「マーケティング」を理解する(続編)