蛇口哲学〜人の源泉を創る〜

蛇口哲学」(※勝手に命名しました)とは、

『自分から発せられるもの全ては、「蛇口」から!!』と考えることです。コトバ(言霊)、態度(動作・所作)、表情、感情、念、祈り、絵や音楽などの創作物など全てです。

蛇口は、源泉と繋がっています。つまり、自分が発した全てのものは源泉からのものだということになります。そして、源泉から蛇口までの全部を、自分自身が選ぶことも、創ることもできます。

倫理法人会の金子袈裟巳氏が語った「蛇口理論」というものがあります。倫理法人会とも無関係で、金子氏の談話を聞いたこともありませんが、人伝で蛇口理論の説明を受けました。比喩表現なのですが、例えとして、『あなたの存在の根源は先祖』です。このことは、一生変えられない事実(つまり宿命です)。『両親がいるから、今のあなたがある』ということ。『このことを謙虚に受止め、先祖・両親を敬うことが、あなたを大切にすることにもなる』という内容です。

蛇口哲学」は、私が考えた別視点での話しになります。

jaguchi

蛇口哲学

 

蛇口を開いた時、どんなものが出てきますか?

‥‥‥

透き通った純水、

あま〜い香料を入れた水、

しょっぱい塩水、

嵐の後の濁った水、

ヘドロのような腐った泥水、など。

 

‥‥もし出てくるものが気体であれば、

自然の中にいるような清らかな空気、

その場を一瞬にヒンヤリさせるような冷気、

気を許してしまうような暖気、

異臭を籠らせた空気、

酸欠になりそうな薄い空気、

黒い煙のように視覚を遮る空気、など。

 

‥‥時には、

ダイヤのように人を輝かせるモノ、

石炭や石油のようなエネルギー源、

川辺や海底の石ころにような無価値のモノ、など。

湧き水

 

源泉から蛇口までの全ては、自分の中に存在しています。

自分自身の源泉は、創り上げることができます。湧水による源泉なのか、川などからの流水による源泉なのか、などを選ぶこともできます。

ただ源泉は、純朴で薄弱なものです。外部環境の影響を受けやすいため、汚染したり破壊したりもします。

汚染された源泉から蛇口にたどり着く前に、浄化槽などの機能があります。濾過したり、溶液で浄化したりできますが、その機能が高性能か低性能か、自身の能力が試される時です。

そして蛇口から、そのままのモノが出るわけです。

 

長年放置してしまった源泉は、とてつもなく酷いものになっていることでしょう。それをキレイにするために一旦壊し、新しい源泉にするには時間や労力が膨大にかかります。つまり、自分の蛇口から素敵なものを出すためには、それだけの勇気と努力と継続が必要になるわけです。

 

源泉に影響を及ぼす外部環境へも、何かしらの行動・コントロールをすることが大切になります。

家庭での蛇口は、蛇口を開けば水道水が出ます。源泉が一つなので、ある程度安定した水が出てきます。しかし、人の持つ蛇口は、源泉が安定していないことが多い。要因は、一貫性のなさ、メンタルの弱さ、そして源泉などをキレイにする術を知らない、などが挙げられます。

 

この蛇口哲学は、コヴィー氏のインサイド・アウトの考え方でもあるのです。源泉を安定させ、確実なものにし、そして蛇口から出るものが、周囲の人に対して良いものであるならば、どんなに素敵な人生になるでしょうか。その源泉を良くするための努力を日々する必要があります。

 

あなたの持っている蛇口から何を出したいですか!?

どんな源泉を創りたいですか!?

 

mizuumi