商売(ビジネス)や営業・販売を行なうにあたり、「成功」は不可欠です。

「成功」の見えない商売・ビジネスを繰り返しても楽しくありません。ただ、商売・ビジネスにおける「成功」とは曖昧な表現です。利益を得るだけの商売・ビジネスが成功なのでしょうか? それはオレオレ詐欺や還付金詐欺、キャッシュカード詐欺盗、怪しい投資ビジネス(ジャパンライフなど)での成功も正当化する考えになります。

ここでは、ビジネスに特化した「成功」についての下記のポイントを簡単に解説していきます。

「成功」とは何か? 成功の基準を定める

成功は結果であって目的ではない。

成功」とは、ものごとの“結果”‥‥ということですから、その“結果”となり得ることに対しての具体的なライン(言語化)を定めれば良いのでしょう。

それが「目標」と言われるものです。つまり、“目標の達成” が「成功」と言えます。

“目標” は個人のみならず、チームや会社組織にも存在しています。“目標” とは、そこに関わる人が定めるものです。ということは、「成功」とは個人、チーム、会社組織の中での解釈でいいわけです。他者が定めることではありません。

「課題はあるが、先ずは成功だ!」

という台詞があったりしますが、課題が残ったとしても目的や目標が具体的に定まっていたことで、(解釈によって)それが「成功」と捉えれば「成功」になります。

例えば、

  • 100点満点のテストで、70点以上なら成功!とすれば「成功」です。
  • 短距離100メートル走で、11秒以内なら成功!とすれば「成功」です。
  • プレゼン自体はイマイチだったとしても、成約!すれば「成功」です。

※下線の箇所が “目標” となる

つまり、

「成功」を望むなら、何事も先ず “目標” を定めることになります。基準となる達成ラインが必要ということです。

「どこで、どうやって、成功したいのか?」

  • 独立、起業、フリーランスしてからの成功
  • 会社内、組織内での個人の成功
  • 子育てママの副業での成功 など

色々な環境、境遇の中で目指すべき “目標” を定めます。
大きな “目標” があれば、それをスモールステップ(小さな目標)にして、一つ一つクリアしていくことでも構いません。大きな “目標” がなくても、小さな “目標” を定めて行動します。

「成功」したいのなら「成功」の評価をするための基準を具体的に定めることをおススメします。

ビジネス「成功」における3つの鉄則

次の3つを抑えることがポイントになります。

ビジネス成功の鉄則

1)緊急性が高い

人は、未来に対する重要なものであっても、現時点での緊急性・必要性・快楽性のあるものに対して、消費行動を起こす傾向が強いためです。

例えば、
10年以内に大地震が起きる、より、3日以内に大地震が起きる、方が消費行動を起こしやすい。

2)需要度が大きい

市場(マーケット)で、需要が小さければビジネスは成り立ちません。需要度が大きいということは、多くの顧客が求めているということになります。

3)供給度が小さい

リサーチをした上で、ライバル(競合者・競争相手)の少ない方がビジネスになりやすいです。あるいはブルーオーシャン戦略によって優位性を保てる場合です。

継続ビジネスのためのポイント5つ

次の5つを理解しておきます。

継続ビジネスのポイント

(1)キャッシュポイントを知る>>別ページ

(2)ターゲティングをマスター・・ビジネスになるターゲットを>>詳細は!

(3)複数の収入源を得る・・コア・コンピタンス経営を理解する>>別ページ

(4)ライフタイムバリュー構築・・顧客との継続的関係構築>>詳細は!

(5)リスクマネジメントを理解・・取るべきリスクを知ること>>別ページ

「成功」する人としての3要素

これまでの「成功者」と言われている人たちに共通するものを考えてみましょう。数多くあると思いますが、メンタルスキル的観点で言えば、下図の3要素があげられます。

3factor成功者の3要素,人間力,創造力,習慣力

「人間力」「創造力」「習慣力」という、当然の能力です。

「人間力」とは抽象的ですが、品格・社会性や能力など総合的なパワーで、「パーソナル&ソーシャル・ケイパビリティ」として具体的に強化していきます。
「創造力」はイノベーション的ですが、小さいシフト(チェンジ)からスタートします。
「習慣力」は「継続は力なり」なのです。継続するためにも「メンタルスキル」が必要です。

下図に、まとめてあります。

成功する人の要素

凡人が成功するためには、自分を磨くしかないと思われます。

成功したい人のための3つの心得

成功したいなら、次の単純な3つを意識することです。

成功するためのポイント