自分を知る(1)〜多重人的ペルソナと自覚〜

ネガティブな “私” であっても、ポジティブな “私” が隣にいます。
 ポジティブな “私” でも、ネガティブな “私” は後ろで待ってます。
 決断力のある “私” でも、異性に対しては優柔不断になる “私” がいます。
 仕事では几帳面でありながら、家の中ではだらしない “私” がいます。
 仕事では活気がないのに、得意なスポーツの場面では活発になる “私” がいます。‥‥etc.

自分・自身の内部に色々な性格、行動特性、思考、志向、嗜好、価値観、感情、心情などがあるわけです。それらを知ること・理解することは大切なことであり、知ることでライフスタイルが変わる可能性もあると考えています。

多重人的な私とは

“私”(自分・自身)とは、一人ではなく「多重人的存在」と言えます。

例えば、子供やペットを可愛がっている人には、接する時のコトバ使いや表情が他人に見せるのが恥ずかしいほど、甘くて優しい “私” がいるのではないでしょうか。愛妻家・愛夫家の人には思いやりがあり、相手をリスペクトし、良い関係性を築くための術を持つ “私” がいることでしょう。

対象への優しいコトバ使いや表情、心使いや行為ができるのなら、会社・仕事先でも活かせればいいと思うのですが、実際には違います。それは恥ずかしいなどと思う “私” がいるからでしょうか!?――会社・仕事関係では、優しい “私” とは違う “私” が現れます。

これは裏表があるとは言わず、対象相手や環境、状況、役割、責任などに適した “私” を使い分けて演じているわけです。演じていると言っても、ウソの私ではなく「事実」の “私” です。

「多重人的」な “私たち” を理解し、“私たち” を場面(場)に合わせてコントロールする “私” を主体として、生き方やあり方に反映させることが重要と考えています。

“私” の中の “私たち” を知ることは大変なことですが、大切ですし、意外に楽しいかもしれません。

私に対する思い込み

  • 『あなたはどんな人ですか?』
  • 『あなたの長所・短所は?』
  • 『あなたの強みは何ですか?』
  • 『あなたの尊敬する人は?』
  • 『あなたのモットーは?』
  • 『あなたの夢は?』
  • 『あなたの価値観は?』
  • 『あなたのなりたい自分とは?』

このような質問に対してすぐに応えられる場合、すでに答え方を決めているだけで、本当の “私” を把握しておらず、思い込んでいることもあるかもしれません。

偏った私

「自分が嫌いな私」「自信のない私」「孤独な私」「人を信じられない私」「陰険な私」「何もしたくない私」「楽をしたい私」「私を認めない私」「未来のない私」「私がいない私」……

偏った思い込み(ビリーフ)による “私” であることは、直面する何かしらの問題を抱えている可能性があります。

外部の機関、専門家などに相談する状態の “私” でなければ、まず出来るとしたら、自分・自身の内部にいる “私たち” には、どんなタイプがいて、どんな性格で、どんな考え方で、どんな望みを持っていて、どんなことが出来て、どんなことが好き(嫌い)なのか、客観的かつ現実的に分析し把握(自己分析)することでしょう。

「これからどんな人になりたいのか?」……
に共感してくれる “私”、協力してくれる “私” をリーダー(これをセルフ・リーダーシップと呼びます。)にしながら、その他の “私たち” をコントロール(これをセルフ・マネジメントとします。)していく能力・勇気・品性(人格)を磨いていくことになります。

この過程で人は成長していくことができるのではないでしょうか。

私のペルソナたち

自分・自身の中の “私たち” には色々な役割(ロール)があり、それに応じた能力(キャリア)を備えています。色々な役割というのは個人の環境などで変わりますが、一つではなく複数であることは事実です。

一つの役割を果たす “私” を一人と考えた場合、役割の数だけ “私” がいます。
 大人になっても親がいれば子供の役割として接しています。子供がいれば親の役割です。結婚していれば夫・妻の役割、時には男・女の役割です。職場での上司の役割・部下の役割、供給側の役割・需要側(顧客)の役割、民の役割、第三者の役割、個人の役割など様々ですから、自分の中に多数の “私” が存在していることになります。それらは時の流れに沿って、変化していきます。

このひとり一人の “私” をペルソナ(概念的人物像)と捉えており、場面で使い分けていることになります。
 例えば、子育ての主婦の場合、母のペルソナ(『母親の顔』と称されること)、妻のペルソナ、ママ友のペルソナ、(教育者としての)教師のペルソナ、女性のペルソナ、(お姑さんがいれば)嫁のペルソナ、(親がいれば)子供のペルソナ、個人(自我)のペルソナ、パートで働いていれば従業員としてのペルソナ、その職場で長年働いていれば上司・先輩のペルソナなどを使い分けているのです。

そのペルソナにリンクする内面的な思考・意識・感情・行為は違うはずです。
 母・父としてのペルソナの内面には、愛溢れる人もいれば、憎悪の感情を持っている人もいます。妻・夫としてのペルソナの内面には、愛情のある人もいれば、怒りや冷たい感情を持っている人もいます。
 結婚当初の妻・夫ペルソナは温かくて優しいペルソナでしたが、数年後には冷ややかで怠惰な妻・夫ペルソナに変わる人もいます。

どちらの場合も既に “私” に備えられている内面がペルソナとリンクすることで、その場面の “私” が具現化・表面化されているわけです。例えば、優しい親心の内面を上司ペルソナにリンクさせれば、優しい上司になれるのです。

それぞれのペルソナは、“私” の内面から反映されているものです。『あの人の意外な一面を見た!』という表現をしますが、普段とは違う内面とリンクしたペルソナが表面化したからでしょう。つまり、ペルソナはウソの自分ではなく、全て自分・自身です。本来は‥‥。

偽りのペルソナは疲れるだけ

しかし、稀に自分・自身を偽り(自己欺瞞)、借りた、あるいは自分・自身で作り出した(キャラ的)ペルソナで役割を果たそうとしている人がいます。
 タレント・芸能人ならまだしも、一般人にメリットはあるのでしょうか。

もし偽りの(キャラ的)なペルソナで装飾している場合、最期まで持続できる(演じきれる)のか、見極める必要があります。最期まで演じきれないのであれば、早急に対策を講じなければなりません。生活の中で、キャラのための偽りペルソナでは、ただただ疲れるだけだと思われます。

「自分が嫌い」と評価する私

世の中には、「自分が嫌い」という人がいます。

ペルソナとして考えてみると、「自分が嫌い」と客観的に評価しているのは別の “私” がいるからでしょう。自己否定も同様で、“私” を否定する別の “私” がいるからです。
 ではなぜ、別の “私” は「嫌い」と評価しているのでしょうか?

人には何かしらの基準(価値観など)があって、「好き」「嫌い」を判定します。「嫌い」と評価している “私” にその基準を具体的に訊いてみて下さい。基準を上回ることができたら「好き」になれるのか、その基準自体を下げることはできないのか……自己対話(セルフトーク)してみるのです。
「嫌い」になっている理由があるのですから、反対の「好き」になる理由や状態を知っておく必要があります。「私が好き」の “私” を見つけ出すためにも……。

アイデンティティ

自分・自身を主観的かつ客観的に分析し、理解し、他者からの評価・反応を受容し、融合していくことを「自覚」と言います。

下図は、ジョハリの窓と呼ばれるものをベースに作成しました。
「自覚」は “私A”+“私B”+“私C”の全てが “私” である、と理解することから生じます。これは『自己概念=アイデンティティ』とされているものです。

ジョハリの窓
「ジョハリの窓」で考える自覚

「アイデンティティ」とは、簡単に言えば「私が自覚している自己」。
「自分が何者なのか、何をしたいのか、何ができるのか、どんな性格なのか、他者からの評価はどんなものなのか‥‥などを知っている私」が、今そこにある自覚状態。

例えば自己紹介する時に、紹介する相手に対する自分の役割や立場、環境、状況などによって「自分が何者か(ペルソナ)」を使い分けるわけですが、どのペルソナであっても “私である” という自覚を持っていることです。
 その自覚状態がズレていたり、違和感や疑念などを相手に感じさせていたりする場合、アイデンティティが定まっていない可能性もあります。

「自分が何者なのか、何をしたいのか、何ができるのか、などが分からない又は否定的な自我」の状態に陥っていることを「同一性拡散(アイデンティティ拡散症候群)」と言います。(※引きこもりやニートなどに見られる症状とされていますが、その他にも“大人の幼稚化”“中高年層のヤンキー化”が自覚なしに日常化してしまうことも、その部類ではないかと考えています。)

「本当の私はこれだ」と自我認識する自我同一性(エゴ・アイデンティティ)の方は少ないかもしれません。

前記していた『ペルソナたち』は、ほとんどが “対象” あっての自分・自身の役割を表現しています。“対象” に合わせてペルソナを面に出しているわけです。すると、どうしても “対象” からの “私” に対する評価、感想、反応などが生じます。

自身で理解しているものとは別に、自分・自身が知らなかったことを外部(親や友人などの他者)からの評価で知った(自覚した)概念を「セルフ・アイデンティティ」と言います。
例えば、「あなたは優しい人」「あなたは率直な人」「あなたは○○に優れている人」「あなたは短気な人」「あなたは●●が苦手な人」……など、他人から繰り返し言われることで(それが当たっていると)自覚し、受容することでアイデンティティが構築され、ペルソナへ反映されます。

子供の時から、「お前はバカだ」「お前は私がいないと何もできない」「君は○○の才能がある」「君は大人になったら○○になれる」……などと何度も言い聞かせられていると、本当にそのようになってしまう現実があることも、セルフ・アイデンティティ構築の恐さです。

「アイデンティティ」は、年齢関係なく再構築を繰り返します。それは生活の中での経験、環境、人生のイベント、事件、あるいは思考や思想などによって変化することがあるからです。
 その中で大きく影響を与える要素の一つが「価値観」と考えています。

つまり「アイデンティティ」とは、経験や記憶などから自分自身で作り上げている自己概念または自己解釈であるため、正しい・正しくない、合理的・非合理的、論理的・非論理的、現実的・非現実的などが混在しているのです。経験・体験は事実だとして、その解釈、捉え方(例:ポジティブかネガティブかなど)によって、アイデンティティにはズレ・誤差が生じていると言えます。

ペルソナをコントロールする“私”

自分・自身の中の各ペルソナを、一度分析(可視化)してみると面白いものです。
 ドラマの台本の一部ように、現在の役柄とその性格などを書き出します。それぞれ名前など付けるのも良いかもしれません。誰にも見せる必要はありませんから、正直に、好きなように‥‥。

色々な “私” の存在に気づき、そこから次への展開となっていきます。

自分・自身を知ることは、普段活動する各ペルソナに応じた感情、品性(人格)、能力、性格などを見極めることと同じです。そして、“私たち” をまとめ上げ、良い方向へコントロール(統制・制御)していくことが課題の一つになります。

つまり、コントロールをする “私” が基準(ベース)になってきます。

ただ、各ペルソナに潜む内面にギャップ(落差・格差)があり過ぎると、内部のエネルギーを余分に消耗するでしょうし、ストレスにもなるでしょう。

全てのペルソナの内面的ベースが、愛情や奉仕、誠実などであるならば、コントロールは難しくないはずです。このペルソナは愛情、このペルソナは憎悪、というようにギャップがあるなら、コントロールするのも大変です。場合によっては、あるペルソナ(の私)を見ない振り、または正当化してしまうこともあります。
 例えば、外での活動や職場では几帳面で綺麗にしている人であっても、家の中は乱雑(ゴミ屋敷)という人もいます。外では誠実で真面目な人でも、家では幼稚だったり乱暴だったりする人もいます。

最近、公務員(税金から所得を得ている人)である警察官や学校の先生、県や市の行政に携わる人の犯罪が目立っている(メディアの指向もあるのでしょうが……)気がします。警察官が盗難・暴行し、先生が生徒や子供をターゲットに犯罪行為をし、行政に携わるものが他人のお金で私腹を肥やし……真面目に仕事をしている時のペルソナと犯罪中のペルソナが同時進行しています。
 どのペルソナが彼らをコントロールしているのかは知る由もありませんが、自己内の内部エネルギーの衰退、低下があることは間違いありません。

このような人は一部でしょうが、自己をコントロールすることは重要な能力であり、品性(人格)を決定付けてしまうほどの機能的プロセスでもあるわけです。
 この能力が「パーソナル・ケイパビリティ」であり、その各々の実践が「セルフ・マネジメント」または「セルフ・コントロール」になってくるのです。