決断力より選択力!?

「決断力」というワードは色々な場面で使われていますが、「選択力」を使う人を身近で聞いたことはありません。
「決断力」は小学校でも教わった記憶があります。(教わることではないような気もしますが。)でも、「選択力」を学んだ記憶はありません。
だから『あなたには決断力がない!』と言われることはあっても、『あなたには選択力がない!』と言われることはないでしょう。

ただ、これからは「決断力」と同様に「選択力」は重要な能力となり、「選択力」によって人生の質は変わってくると考えます。

では、「選択力」とは何なのでしょうか?

そもそも、“選択”と“決断”の違いは明確にあるのでしょうか?

 

「決断」と「選択」の違いとは

『究極の選択』というワードは耳にしますが、「究極の決断」はありません。(意味は通じるかな?!)

ドラマで『君に “選択” の余地はないんだよ』という場面は、「やらない」という選択肢はなく「やるしかない」と “決断”(決断より決意の方が適切かな?)を迫られている状況です。

“決断” と “選択” を思考または行為という観点で、同類にして良いのか、あるいは一連の流れであることで一括りにしても良いのかもしれませんが、各々の辞書的意味で捉えると違って見えます。

※「選択」とは・・・(出所:goo国語辞書より)

多くのものの中から、よいもの、目的にかなうものなどを選ぶこと。

※「決断」とは・・・(出所:goo国語辞書より)

(1)意志をはっきりと決定すること。 (2)正邪善悪を判断・裁決すること。

敢えて、当方では別に分けて考えてみます。分ける理由は、論理的に違うと考えているからです。

 

違い(1)

選択” は、AかB(他複数)を選ぶことであり、

決断” は、YESかNOを決めることです。

つまり、それらによっての“結果”が違うということが一点目です。

A or Bの “選択” では、AかBのどちらかを手にすることができるため、その後に何かしらの変化(例えば、安心安堵、喜び、快楽、ライフスタイル、行動内容など)があると言えます。

YES or NOの “決断” の場合は、YSEを選べば、その後に変化が生じますが、NOを選べば、変化はのぞめず現状維持です。

 

違い(2)

選択” は、選択肢となるAやBなどは、コト・モノになりますので必ず「選ぶ」という行為になりますが、

決断” は、複合動詞的に使われる傾向が強く、〇〇を「する」か「しない」か、の動き(動作、行為、行動など)に連動します。

つまり、それらによる“動き”が違うということが二点目です。

 

違い(3)

選択” “決断” を同じくくりで考える場合のそれは、時系列で考えてみると、時差があり、プロセスの前後関係であることが三点目です。

第一段階で「選択」があり、第二段階で「決断」が(その逆も)あります。

 

例えば・・・
高価なブランドバッグを買いたいためデパートへ行ったのですが、Aブランドのバッグと、Bブランドのバッグで悩んでいるとします。
価格的にはBがAより1割ほど高いのですが、デザイン的にも機能性としてもBが有利です。ただ、Bブランド店よりAブランド店の接客の方が心地よく、気持ちが揺らいでいるシーンです。
結論は、『バッグは買わない!』という決断に至りました。

 

このシーンでは、“選択” と “決断” が時差的に発生しています。つまり、違い(3)に該当します。

AとBの選択肢があることで、『どちらを買おうか?』と “選択” のステップです。次に『バックは買わない!』と “決断” したことになります。
これがもし、Bの選択肢がなくAのみなら、悩み方は「買う」か「買わない」かであるため、“選択” のステップはなく “決断” だけになるでしょう。

この時の「買う」or「買わない」が『選択肢になるのでは?』と考えることも可能ですが、“選択” の意味合いである『目的にかなうものなどを選ぶ』と照らしわせると、コト・モノの “選択” という行為ではないと考えて良さそうです。これは、違い(2)に該当します。

 

そして、この例えの結果を踏まえて考えてみると、
「バッグを買おう」という意図があったため、“選択” するAもしくはBのどちらかのバッグを入手することになります。それにより、その日以降、バッグを持って出掛ける楽しみとしての行動、洋服に合わせるコーディネートの行動、あるいは合わせるための洋服の購入、もしかしてバッグのコレクションとして部屋に飾る、などの変化・変容があるわけです。

 

しかし、「買う」or「買わない」の “決断” にフォーカスすると、買えば先ほどのような行動に変化・変容が生じますが、買わなければ、今まで通りで何の変化もないということが言えます。違い(1)に該当します。

 

ここまでは “決断” と “選択” の違いについて、考えてみましたが、ここからが本題です。

 

決断力と選択力について

「決断力」については一般的にも多く使用されているため、ある程度の概念は一般的に共有されていると思われます。「決断力」とは、自分の意思と責任で決定する能力ですが、「決断力のない人」であっても「選択力」がアップすれば「決断力」は。

課題は「選択力」です。

先ほどの例えを使うと、『バッグは買わない!』という決断をした要因、について考えてみたいと思います。

『買いたいからデパートへ行ったのに、なぜ、買わなかったのか?』

  • 一緒に買い物へ来ていた友人に「買うことを止められた」から
  • 悩み過ぎて胃痛が襲い「気分が悪くなった」から
  • 時間がかかり過ぎて空腹になり「食事したかった」から
  • Bブランド店の接客に嫌気がさし「買う気が失せた」から
  • AのバッグもBのバッグも「予算オーバー」だったから
  • 次の予定があって「買う時間がなくなった」から
  • ネットショップで調べたら同じバッグが「安く売られていた」から
  • ネット上での商品レビューが「良くないことを知った」から
  • 考える時間・日数を作り「それでも欲しかったら買う」ことにした
  • 「他のブランド店のバッグも見てみたい」と考えたから
  • ブランドバッグを買う目的を振り返り「マッチしないと気づいた」から
  • 冷静に考えて自分の「ファッションセンスには合わないと感じた」から
  • 自分で買うのをやめて「親に相談しようと考えた」から
  • 誕生日プレゼントとして特定の人に「強請ることを思いついた」から
  • お金を貯めて「6ヶ月後までに買うと決めた」から
  • 地震があり、家で留守番している「ペットのことが心配になった」から
  • 個人売買サイトに出品された時に「買うことにした」から

など、色々想定できますが、この中に「選択力」に関する要因があります。

 

選択力

まず「選択力」とは何でしょうか?

意味を調べても定義は確定していないようですが、選択のための能力であることは間違いありません。ここで伝えていることも選択肢の一つとなる情報でしかありませんので、参考にしていただければと考えています。

「選択力」に関する情報を分析した上で、具現化していきましょう。

念頭に置いておくべきことは、選択や決断によってもたらされた “結果” そのものは選択できないということです。想定していた “結果” より、良い場合もありますが、悪くなる場合もあります。『あれ? 思ってたのと違う』みたいな感覚です。つまり、“結果” は絶対的なものではなく相対的なものであって、その “結果” を受容することも「選択力」に含まれていると言えます。

選択力,決断力

 

「選択力」に関する項目を具体化していきます。

  1. 選択する基準=コアを明確にすること
  2. 選択する機会を見極めること
  3. 選択肢を分析すること
  4. 選択肢を調整すること
  5. 選択したコト・モノを活かすこと

 

1.選択する基準=コアを明確にすること

選択するための判断基準=コア(目的、ビジョン、価値観など)を自身の中で明確にしておくことは大切で、中途半端だと選択した後に後悔することが増えてきます。他人の意見に左右されたり、第三者の評価に影響を受けたりして、選択する際の自分の主体的な意思が反映されないこともでてくるでしょう。

「なぜ必要なのか?」などの基準となる核を自身の中で確立しておく必要があります。

これにはもう一つ理由があって、核となる意識を強めることで(潜在的意識が関与するのかは不明ですが)、選択肢の幅(または数)が増やすことに役立ちます。

2.選択する機会を見極めること

人は『限定品に弱い』とされていますが、選択肢の中には期限や制限があることで、慌てて飛びついた結果、失敗することもあります。逆に機会を逃すことで、後々に選んだとしても効果が薄れてしまうこともあります。普段からの情報分析、情報を持っている人とのつながり、迅速な情報収集の方法などを元に、短時間でも判断できるような能力は必要です。次の機会が既に見えているのなら、それも含めて選んでいきます。

3.選択肢を分析すること

選択の基準(目的など)と照合しながら、選択肢になり得るのか、選択するための優先順位は何か?選んだ際のメリットやデメリットは何か?選んだ後の繋がりはどうだろうか?などを細かく分析していきます。マトリックス的なフレームワークで可視化することも手段ですし、それ以外の分析方法を身につけておくことは大切です。

その選択肢、あるいは分析する方法などを一度疑ってみることも必要な場面があります。過信せず、疑った後に「これで良い!」と確信が得られたら行動に移すことも選択肢のうちです。

4.選択肢を調整すること

『選択肢が多いと選べない』とも言われていますが、選択肢が多い場合は、分析により得た情報を踏まえて減らします。逆に選択肢が少ない場合で増やせる内容であるなら、新たな選択肢を増やす活動を適切に行ないます。選択肢とは情報を集める方法、分析する方法なども選択肢を増やし、その都度適当な方法を選ぶことも含まれます。

5.選択したコト・モノを活かすこと

選択したコト・モノがベストな選択であったかは不明です。結果的に「これで良かった!」と思えるよう、選択済みのコト・モノを活かすことがポイントになります。もし後悔するようなら、選択するプロセスが間違っていたかもしれません。選択力は選択後の行動も大切です。

 

人生の中で、真剣に “決断” と “選択” を行うことが、どれほどのものなのか、大半の方は感じていないように思えます。人生一度きりです。流される人生ではなく、自分でキッチリ “決断” と “選択” した人生を歩めれば、どれだけ素晴らしいことでしょうか。
 その場の感情などで決めるのではなく、できる限り論理的に、質の良い “選択” と、正しい “決断” を行うことが重要です。

 

セルフ・コーチングの質問Dana

  • 「選択力」を強化するために、どうすれば良いですか?
  • 質の良い “選択” のために、何ができますか?
  • 「決断力」を身に付けるために、そうすれば良いですか?
  • 正しい “決断” をするために、何をしますか?
  • 最良の人生を歩むために、何を選択し、いつ決断しますか?