「マーケティング」の前に知るべきこと

他ページで何度も出ている図ですが、下図の3者、「マーケット」である「誰に」、「プロダクト」である「何を」、そして「ライバル」というものを、少ない知識での偏見で見るのではなく、確実な理解を得ることで、他者よりも一歩リードすることになります。

マーケティング,誰に,何を,ライバル

  • 「誰に」の「誰」とは、誰のことを指すのか?
  • 「何を」の「何」とは、何のことを指すのか?
  • 「ライバル」とは、誰のことを指すのか?

これらをリサーチすることになるのですが、それが、

市場リサーチ

自分リサーチ

他者リサーチ

です。
これらは、マーケティングのプロセスであるリサーチなのですが、詳細は個別ページで説明します。

今回は、その前に知っておいて頂きたいことがあります。

  • 「何を」の私の「リソース・シーズ」について
  • 私(自己)」とは、そもそも誰なのか?
  • 「誰に」の「ニーズ・ウォンツ」について

これらについて、詳しく解説していきたいと思います。
ご存知の方も、再確認の意味でご覧ください。

自己・私の「リソース・シーズ」とは

マーケティング,リソース,シーズ

「何を」は、会社または個人の商品・サービス(無形・有形)ですから、そこには、リソース、シーズが不可欠です。

【意味】

リソース(Resource)とは、「資源・資産」です。
企業あるいは個人の持つ「カネ・モノ・ヒト・情報・知識」などが該当します。最近では、「ブランド」も含まれます。

シーズ(Seeds)とは、企業・個人の持つ技術やアイデア等です。
リソースを有効活用できるテクニック、スキル、ノウハウ、知恵、脳力などと考えてください。

このリソースやシーズは、個々人で当然違うわけですが、そこを自身で理解しておく必要があります。

何故なら、自分の持ち得る力を超えることは出来ませんが、周囲の力を借り、掛け合わせることにより超える力を出すことが可能になるからです。

その力を、私は「ケイパビリティ」と呼んでいます。

capability,ケイパビリティ,個人シーズ,社会的リソース

「ケイパビリティ」とは?

実現可能力」です。

“潜在能力”、“行動力”全ての力です。場合によっては、“(自分の)強み” とされる場合もあります。つまり、「何が出来るのか?」ということです。

人間というものは信じた自分になることが多い。
もし、自分にはそんなことはできないと思ってしまうと、それで本当にできなくなってしまう。
しかし、もしできると信じたならば、たとえはじめはそのような能力がなかったとしても、それをなし遂げる力を得ることができるのです。

 by. マハトマ・ガンジー [弁護士・宗教家]

自分一人の力には限界がありますが、周囲の社会的リソースと連携することにより、レバレッジなどが起こり得る状態になります。

ケイパビリティは、経験を積めば積む程、人脈が広がれば広がる程、大きくなっていく力だということが言えます。
先図にもあるように、リソースなどはインプットですが、ケイパビリティはアウトプットでなくてはなりません。

活動しなければアウトプットになりませんので、知識やスキルがあることがケイパビリティではなく、アウトプットしてこそ、ケイパビリティになるのです。
ゆえに、「実現可能力」なのです。

これは、全ての方が持っています。
「ない」ということはなく、何かしらの力があるということを信じ、そのケイパビリティがカタチとなった時、マーケットに提供できる「価値あるモノ」が創造されていくのです。

ケイパビリティの花

ケイパビリティを花に例えることがあります。

根がメンタルスキルなどで、これまでの経験や思考などの要素の中で、必要なモノを吸い上げます。
茎(プロセス・セルフマネジメントなど)を施し、また葉(外部とのコミュニケーションや情報収集など)により外部リソースを投入し、そして、花として、ノウハウ・才能・アイデアを開花していくのです。

capability,ケイパビリティの花

奇麗に咲かせたり、沢山咲かせたり、大きく咲かせたり、カラフルに咲かせたり、珍しいものを咲かせたり‥‥個々人で違うケイパビリティの花を咲かせることになります。
また、月日が経つに連れて、その花は進化をしていくのです。

それが、ケイパビリティであると考えてください。

先ず、ビジネスやマーケティングを行なう前に、このケイパビリティの抽出プロセスが必要です。
ケイパビリティ=実現可能力を自らが理解していなければ、間違った方向へと進んでしまうことにもなるからです。
個人(会社)的リソース、シーズ、社会的リソースなどを見極め、「何が出来るのか?」を把握していくことになるわけです。

自身のことを理解していない場合もありますので、整理しましょう。

ケイパビリティの抽出

ケイパビリティを抽出することで、「私は何が出来るか?」を明確にします。

その前の、注意点です。

<注意点>

  • 自分の既成概念は、(一旦)隅に置いておく
  • 他者と比較しない(競争するわけではないので、主観的に)
  • 感情的にならない(劣等感に襲われないように)
  • ためらわない(欠点、嫌な部分も見えてくるので)
  • 素直に受け入れ、行なってみる(自己受容)
  • とにかく、時間をかける(怠慢にならない・いい加減にならない)

紙を用意して書き出します。(スマホ・PCでもOK)

可視化することが大事です。

<抽出方法>

  • できること・得意なこと・やりたいことを、10個以上抽出
  • 不得意なこと・やりたくないことを、10個以上抽出

一般的な実務的スキルでなくてもいいのです。

例えば、他人の話しを聴くことにより、すっきりさせることができるとか、本を読んで、すぐに感想を書くことができるとか、朗読が好きとか、ゲーム攻略法を自分で探すことができるとか、子どもを5人育てた経験があるとか‥‥。

先ほど書き出した内容を、次の図のようなマトリックスに分けます。

capabilityケイパビリティ強み

ケイパビリティをせっかく抽出しても、やりたくないこと、楽しくないことを始めたら意味がないため、やりたいこと、楽しいことを前提として進めていきます。

ケイパビリティとして実践していくためには、次の3原則を意識して下さい。

3factorケイパビリティ発見3原則

<<「マーケティング」を理解する(全体像)

「マーケティング」の手始めに(2)>>