副業・兼業でキャリアアップ?デュアルとパラレルの考え方

“キャリア・デザイン” において、基本的な概念は固定化されつつあります。
 さらに、分類された施策も社会に共有され始めました。

その中の『デュアルキャリア』と『パラレル・キャリア』について、今回は考えていきます。これらを同義にする方もいますが、あえて区別します。

『デュアルキャリア』は構造的であり、『パラレル・キャリア』は構成的です
 『デュアルキャリア』はより遠視的、全体的、時間的であり、『パラレル・キャリア』は近視的、部分的、空間的です。※個人的解釈です。

デュアルとパラレルの違い

辞書的な意味合いとしては、

デュアル(dual)とは・・・

多く複合語の形で用い、二つの、二通りの、二重の、の意を表す。

(出所:goo辞書より)

パラレル(parallel)とは・・・

1)平行であること。また、そのさま。
 2)電気で、並列。

(出所:goo辞書より)

「デュアル」の二重概念は、(二つのものが)同時に存在はしているが構造的である、と捉えました。

用語として使われている “デュアル・コア” “デュアル・コイル” などのような同様のものが2つあり、処理能力などを拡張するパターンと、“デュアル・ファネル” などのように二つの取り組みを遂行し、連携(連動)させるパターンがあります。
 前者をホモジニアス(=同種・同質)によるもの、後者をヘテロジニアス(=異種・異質)によるもの、とあてがっても良いかもしれません。
 人で例えるなら、個人が持っている目的達成のための手段やプロセスが、2系統(以上)ある状態ではないでしょうか。
 電気回路系でイメージすると、電池と2つの豆電球(あるいは電球と小型モーター)があったとして、目的を同時期に果たすため、適切につながれた状態。(もし直列の場合、豆電球が一つ切れたら、もう一つの豆電球は点灯しません。)

「パラレル」の平行概念は、(二つ以上のものが)平行・並行の状態(状況)であり構成的である、と捉えました。

用語として使われている“パラレル通信” “オープンパラレル” などのように処理効率などを高めるパターンです。
 電気回路系でイメージすると、電池に並列的につながっている2つの豆電球(あるいは豆電球と小型モーター)があり、各々の機能が目的を果たします。(もし豆電球が切れても、小型モーターは稼動し続けます。)
 人で例えるなら、個人のエネルギー源(体力・頭脳・時間などをエネルギー資源とした場合)で2つ以上の活動が行われている状態です。

少々強引かもしれませんが、スポーツでの例えでイメージしやすいのは、「パラレル」は“野球”、「デュアル」は“サッカー”ではないかと‥‥。
 “野球”では、一人の選手は一試合の中で攻撃と守備が構成され、規則的かつ交互に行っています。(DHなら片一方=シングルです。)
 “サッカー”では、一人の選手が攻撃と守備という活動(オフェンスとディフェンスのポジションではなく、処理動作)を変則的かつ能動的に行っています。(キーパーの攻撃力はハンパないです。)

デュアルキャリアとパラレル・キャリアの違い

参考として、Google検索(2021年2月14日時点)にて、
 カタカナ『パラレルキャリア』の検索ヒット数は “285万件”、『デュアルキャリア』の検索ヒット数は “763万件”で、デュアルキャリアの方が多いことがわかります。
 しかし、英字「parallel career」では “13億5,000万件”、「dual career」は “4億8,500万件” で、パラレルキャリアの方が多いことに気づきます。

この違いは、このワードを使った人物が大きく影響しているものと捉えています。

スポーツ界では「デュアルキャリア」というワードが次第に浸透し、多くのアスリートや関係者、大学に向けて、その意義と具体的な活動を訴えています。
 その概略や説明などを確認すると、二つに分類できそうです。
①「アスリート生活と別のビジネス生活」のダブルワーク的な意味合い。
②「アスリート生活と人としての生活」(アスリート生活と学業は、こちらに含まれる?)の人間形成的な意味合い。
 つまり、①は「パラレル・キャリア」を示しており、②は「デュアルキャリア」のコンセプトとして記されています。

『パラレル・キャリア』『デュアルキャリア』の違いは何でしょうか?

パラレル・キャリアについて

パラレルキャリア(parallel career)とは・・・

ピーター・ドラッカー氏が著書『明日を支配するもの』等にて提唱しているこれからの社会での生き方のひとつ。現在の仕事以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加することを指す。

(出所:Wikipediaより)

ピーター・ドラッカー氏と言えば、世界的著名人です。“マネジメントの父” とも称されており、権威者と言えます。

日本の学校でドラッカー氏のことを学ぶことはほとんどありませんが、多くの日本人に知られることとなったのは、やはり “もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら(通称もしドラ)” でしょうか。

 

そんな彼の著書『明日を支配するもの/21世紀のマネジメント革命』の227ページ、「第二の人生を始める方法」の一つとして、記述されています。

パラレル・キャリア(第二の仕事)、すなわちもう一つの世界を持つことである。<訳>

明日を支配するもの』P.227より

The second way to prepare for the second half of your life is to develop a parallel career.

Classic Drucker』P.17より

ドラッカー氏によれば、本業を活かすための “社外活動” とも語っており、『第二の仕事』は本業に対抗するものではなく、かつお金(賃金など)を得る労働である必要はありません。
 つまり、“生活費を稼ぐために、掛け持ちで仕事(一般的な副業やダブルワークなど)をする” ことでない、と言えます。

<参考>
内閣府の男女共同参画局サイトにて『パラレルキャリアのすすめ』がある。
『「パラレルキャリア」実践者は、新しい人脈やスキル、知識、経験を本業に生かそうとする意識が強く、本業の仕事に対して新たな社会的意味や価値を見出すなど、仕事と生活の好循環を生み出しているようだ。』と記述されている。

デュアルキャリアについて

デュアルキャリアについて調べてみると、一部の人たちを対象にして発信された内容が多いことに気づきました。それはアスリート(スポーツ選手)です。

2012年に公表されたEU(=欧州連合)の専門グループ(Education & Training in Sport)によるEU Guidelines on Dual Careers of Athletes*によって『デュアルキャリア』定義が示されたからでしょうか。この数年前にデュアルキャリアの必要性が欧州に漂っているのは事実です。

『長い人生の一部である競技生活の始まりから終わりまでを学業や仕事、その他人生それぞれの段階で占める重要な出来事やそれに伴う欲求とうまく組み合わせていくことである』と定義

日本での定義づけは、日本スポーツ振興センターによる「デュアルキャリアに関する調査研究・報告書(平成26.1.31)」の中で発見しました。

『アスリートは、その生涯の中のある一定期間、「人としてのキャリア形成」と「アスリートとしてのキャリア形成」の両方を同時に取り組むことになる』(P.20)

さらに

『アスリートを、一人の人間として捉え、彼らのキャリア形成や自己実現、さらには生涯における幸福・心身の健康を「デュアルキャリア」の価値基準としている』(P.21)

と、ディアルキャリアの価値を示唆しています。

ただ、実際活動している個人や団体の情報をみると、“アスリート生活と仕事・学業の両立” の考え方を主としている感が強いと言えます。
 両立しつつも、双方が良い影響を受けていることが重要であり、両立させることが目的になってはなりません。

パラレルキャリアとセカンドキャリア

ドラッカー氏の著書を全て読んだわけではありませんが、彼はパラレル・キャリアと『セカンド・キャリア』を組み合わせて伝えています。

セカンドキャリアとは・・・

人事労務用語で「第二の人生における職業」を意味する。用語としては定年後や脱サラ、育児を終えた後などのキャリアを指すが、特にプロスポーツにおいて多用される言葉であり、その範疇においてはプロスポーツ選手の引退後のキャリアを意味する。

(出所:Wikipediaより)

『セカンド・キャリア』は、サラリーマンの定年退職後や退職して、新たな職業に就くことを一昔前までは指していましたが、女性の出産や育児後の就業や起業、さらに芸能人やスポーツアスリートの引退後の就業、意図的な転職などの転換期以降のことでも使用されています。

第二の人生における職業」とあるように、これまでとは違うことへ選択、取り組み、挑戦と位置づける傾向が強くなってきました。

著名人のセカンドキャリア

セカンド・キャリアの実例は数多くあります。

実例1)大木亜希子氏

近年メディアで取り沙汰されている著名人は、大木亜希子氏。
 元SDN48(AKBグループ)アイドルから(解散後に)、フリーライターとして独立。(参考記事:芸能人以外の生き方を知らなかった〜

彼女の存在を知ったのは、2021年。共感と好感をもてたうちの一人。

大木亜希子さんの紹介
(画像出所:Dybe!より)

タレント活動は継続しているため、独立はセカンド・キャリアですが、タレント活動とフリーライターの『パラレル・キャリア』とも言えます。

 
実例2)為末大氏

為末大(ためすえだい)氏は、元陸上競技(400mハードル)選手で日本記録保持者。スポーツコメンテーターなどをしながら、会社(株式会社侍)の代表を務めています。

スポーツ合宿所の運営や子供たちの教育などに従事しています。

 
実例3)長嶋一茂氏

長嶋一茂(ながしまかずしげ)氏は、元プロ野球(スワローズ、ジャイアンツ)の選手で、あの野球界スター長嶋茂雄氏の長男。

現在はタレント活動をしています。

引退後の苦悩

これまでの事実をみると、アスリートの引退後、仕事で成功した方は一握りで、競技以外での自己実現に達していない、あるいは自身の自己願望が見えていない多くの方々がいることは否めません。

アスリートとして成功していた元選手、タレントとして一時期活躍していた人でさえも、次の仕事で苦労したり、生活保護を受けたりしています。

稀に、当時の栄光を自らの手で壊すかのように麻薬や闇ギャンブル、暴行や性犯罪などの行為へ進む人物もいます。
 その行為自体は当然ながら問題ですが、行為に至る経過の中で社会や周囲の人との関わり合い方(例えば、これまでサポートしてくれた方が傍からいなくなることで、独りでは解決できないことが増えるなど)、そして引退による関係性の変化(例えば、支援者やファンが離れ、孤独感や疎外感を抱くようになるなど)に対応できなかったことなのかもしれません。

一定の目的や目標に向かって走り続けた人たちの引退後(引退直前も含めて)というものは、過去に経験がなく、そして一般社会的見識のない見知らぬ環境の中で、苦悩している数多くの事実は無視できないと捉えています。

これは業界に偏ったことではなく、サラリーという一般的な人たちにも該当します。

引退後のセカンドキャリアは限られている?

芸能人・タレントやスポーツアスリートの引退後は、全てセカンドキャリアに該当すると考えることができます。

引退理由(転身理由)と時期、セカンドキャリアとしての職業を分析していくと、芸能人・タレント寿命とスポーツアスリート寿命は、一般社会人(サラリーマン寿命)と比較しても平均的に短いことは一目瞭然です。
 つまり、年齢的な要因、故障などの心身的問題による継続不可、契約終了などの要因もあり、本人の意思とは相反する状態になることも多々あるはずです。個人のビジョンや目的を持って決断して引退するよりも、外的な要因で引退せざるを得ない状況が多いのではないでしょうか。
 サラリーマンのように退職した日の翌日に転職する流れとは違い、次の職業を見つけるまでのタイムラグが生じている可能性は高いはずです。

引退しても同業界に残る方(例えば、アスリート引退後、指導者・スポーツジム・スポーツ団体運営側などに属する方)より、それ以外の業界に仕方なく転身する方の方が多いでしょう。誰もが指導者になれるわけではありませんから。

以前、日本代表選手チームのアシスタントコーチのお話を視聴した際、女子アスリートのセカンドキャリアは、『指導者、結婚して主婦、会社勤め(アルバイト含む)の選択肢しかなかった。現役の時には引退後のことなど考える余裕などなかった。』という事実を教えてくれました。

引退後のセカンドキャリアは限られている可能性が大いにしてあります。これは芸能界を引退する方も同様な状況かもしれません。

このことを踏まえた時、アスリートや芸能人などの一部業界に限らず、全ての人が “人として幸せになるためのキャリア形成” を促す環境が必要であり、支援・協力が大切です。

古今東西、大きなゴール・目標を掲げた人たちの中で、成功していない人が大半であることを踏まえ、本業生活とその他の生活を常に同時に考え、行動していくことが必要だと考えるのは、自然な成り行きではないでしょうか。

パラレル・キャリアとデュアルキャリアの根底

パラレル・キャリアとデュアルキャリアの考え方の根底には、「自分の人生は自由に選択ができ、その結果は自己責任(=自由意思と結果責任)」だと私は解釈しています。

“人として幸せになるためのキャリア形成” を踏まえて、本業と並行で実践する仕事・学業は方法論の一つであり、“人の生涯” ならば、一人ひとり違ったパラレル・キャリアやデュアルキャリアが多様的に実行されていくことになります。

第二の人生

ドラッカー氏は『明日を支配するもの/21世紀のマネジメント革命』の中で、「第二の人生を始める方法」として、『文字通り第二の人生をもつこと』と『篤志家(ソーシャル・アントレプレナー=社会奉仕・慈善事業などを熱心に実行・支援する人)』をあげています。

例えば、日本サッカーチームの代表選手であった中田英寿氏本田圭佑氏の「第二の人生を始める方法」は、(時代の違いもありますが)プロセスに違いがあることもわかります。

中田氏は引退後に『第二の人生』を事業家と篤志家として活躍されています。本田圭佑氏は現役選手でありながら、事業家としても成功させている一人です。

ドラッカー氏による『第二の人生』の概念と、引退後のデュアルキャリア概念は類似していると捉えることができます。そして、ダブルワーク的な方策は、ドラッカー氏のパラレル・キャリア概念と同類化することができます。
 つまり、デュアルキャリアを行う目的を達成するための一つの方策として、パラレル・キャリアがあると考えて良いのではないでしょうか。

デュアルキャリアは構造的であり、パラレル・キャリアは構成的です。

デュアルキャリアとパラレルキャリア
イメージ図

どちらが優先なのか、という議論は無意味であり、個人の今の価値観が取り組み方に影響していくことは間違いありません。
 例えば『人生において、何(What)をしたいのか?』と『人生の目的(Why)は何か?』の応え得る内容で変わるからです。

個人の未来の「キャリア」に対して危惧されていることから、国・行政や団体の考え方、施策などが確立されようとしているのは事実です。

もともと欧州や南米では、これらに抵抗なき国柄、民族だと捉えています。
 子供の時から「お金を稼ぐこと」も学び、サラリーマンは家族との時間を優先し、アスリートや芸能人が現役時代に事業会社の代表や役員を務めたりしていることは、少なからず存在しています。

そのような “ベースとなる教え” のない日本の教育環境で育った日本人は、大人になってから価値観を変えるほどの体験がない限り、思考や行動に大きな変化は起こせないのが現状です。

「できることから始めるしかない」のです。

第二の人生をもつには、ひとつだけ条件がある。本格的に踏み切るはるか前から、助走していなければならない

明日を支配するもの』P.229より

ドラッカー氏の言う『助走』のタイミングは、人それぞれです。
 ただ先ほど紹介した欧州の文献にしても学術的観点からしても、子ども(10歳前後)の頃からデュアルキャリアがスタートするなら、それ以前から助走していくことがポイントになりそうです。
 と言っても、成人だから諦めることはなく、今後の思考と行動によって自らの未来が変わることは、誰もが理解できることでしょう。

クラウドソーシング・在宅ワークなら【Craudia(クラウディア)】

まとめ

「デュアルキャリア」「パラレル・キャリア」の共通して言えることは、個人の主体性、能動性によるもの。
 つまり、『自分の道は自分で決める』です。

この『自分の道は自分で決める』ことに対する周囲の人たちの影響は大きいと言えます。

ビジョン・目的・使命・ゴールと言われる核となる要素を明確にしていくことが、これからのキャリアを主体的に身につけていくことができる、と考えています。

●私には今の職業しかない。
 ●複数のことを同時に行うほど私は器用ではない。
 ●私にはそんな余裕がない。(金銭的、時間的、体力的など)

上記にようなマインドを備えている方、あるいは『その時に考えればいい』と、思い込んでいる方は少なくありません。

ただ、色々な声に耳を傾けることは、無駄ではないはずです。

あなたは何から始めますか?