すぐにできる自分フレーム変更3次元

人は生きていく過程でフレーム(枠)を備えています。

言い換えれば、自らが定めたルール(ガイドライン)、価値観、習慣、拘り、侵されたくないテリトリー、生活領域などかもしれません。

フレームは人それぞれです。小さいもの、大きいもの、丸いもの、硬いもの、明るいもの、ユニークなものなど。

そしてこのフレームは、自らの判断でいつでも変更が可能です。明るくしたり、オシャレにしたり、綺麗にしたり、楽しくしたり。

つまり、人は「変われる」ということです。

frame_ フレーム

しかし、「変わりたいけど変われない」症候群の人が、世の中には沢山います。もちろん、「変えたくない」という意思表示している方もいます。どちらにしても人生において、損をしている可能性もあります。

中には、自身のことさえも知らずに人生を終える可能性が高いのです。

「変わりたい!・・・」と思う遺伝子があるのなら、変えるためには、本人の強い意志が必要になってきます。

「変わりたけど、何をしたらいいの?」という方もいるかもしれません。

そんな相談を誰かにすると、自己啓発セミナーなどを紹介する人もいるかもしれません。

(他者啓発的な自己啓発と称するセミナーは推奨しませんが・・・)

今回は、すぐにできそうな三つの小さなフレームの変更について、共有したいと思います。

フレーム変更3次元

それが、下の3つです。

shift

時間フレームを変化させる

先ず、最初にかつ簡単に出来ることは、「時間フレームの変化に対する行動」です。

誰もが1日24時間です。

その24時間をどのように変更、配分を変えるかで、自分のフレームを変えることができます。

30分早く起きたら何ができますか?

電車やバスで通勤時間内で、寝ず、ゲームをせず、学びに使ったらどれだけの変化が生じるでしょうか?

1時間のトレンディードラマ視聴を、インターネットで情報収集やブログを書いたら、どうでしょうか?

あるストーリーがあります。これを読んでどう感じるか・・・

「毎日86,400円があなたの口座に振込まれる不思議なお話し」

結局、24時間のフレームをデザインするのは個人次第です。

人脈フレームを変化させる

次に出来ることは、人脈、いわゆる人間関係を変える、増やすということです。

一生、同じ人間関係、同じタイプの人との関係であれば、それほど人生に変化はありません。

イメージしやすい例でいうと、結婚したら人生・生活は相当変わるはずです。

伴侶(配偶者)の生活感、人生観、考え方などがそのまま影響されるわけですから。

さらに、伴侶の家族・親族との関係が増えます。

人によっては、伴侶の友人関係、仕事関係の人達にもつながりができます。

人生の中で、意識的に人間関係を変える、増やすということ行なうことによって、生き方・考え方に変化をもたらすことができるのです。

裕福な生活を送りたいなら、裕福な人たちとの人脈を見つけることです。

ビジネスを成功させたいなら、失敗した者同士で傷のなめ合いをせず、成功者にアドバイスをもらえるよう、人脈を見つけることです。

そこに辿り着くまでの人間関係を広めていくことが重要です。

場のフレームを変化させる

気持ちを切り替えるために、「よく環境を変えればいい」というアドバイスがあります。

確かにそれはポイントです。

しかし、引っ越しなどはそんなに誰もが簡単にできることではないので、自分の居場所や場面を変えたり、増やしたりします。

例えば、もっとサッカーや水泳が上手になりたいならスクールに行く。

もっと集中して勉強したいなら塾に行く。

自分を高めたいなら自己啓発セミナーやワークショップに参加する。

友達を増やしたいならコミュニティに参加するなど、身近でも出来ることは探せばあるのです。

昔インターネットがない時代に、ミュージシャン・歌手になりたい人は、上京する人がほとんどでした。

しかし、今は上京しなくても成功したアーティストが沢山いることはご存知ですよね。

インターネットでの動画配信(YouYube等)したり、ブログなどで広めていたり、口コミなどで拡がったり、地理的場所を変えなくても空間的場所・場面を変えることで、以前よりも確実にアピール・宣伝できる環境があるわけですから、それを利用しない手はありません。

時間、人間関係、場所・場面の3次元フレームを繰り返していくことで、自分のフレームはその都度変化させることができるということを理解して頂ければと思います。

これだけでも、「マインドチェンジ」に繋がるのです。